So-net無料ブログ作成
検索選択

今日は、チャイナペインティング、天井画などの鑑賞文化デー。 [雑感]

今日は久しぶりに京都を訪ねた。
友人の三木ひとみさんのチャイナペインティングの個展を見に行ってきた。

2年に一度のペースで、京都の四条花見小路の画廊で行っている。陶器やグラスに絵付けするチャイナペインティングの作品が数多く並んでいた。今年のテーマは「風」で、明るい色調の作品が目立っていたよう気がする。

今年のメーン作品をご紹介します。
CA3F14200001.jpgCA3F14210001.jpgCA3F14230001.jpg

画廊を後にして、近くの建仁寺の天井画を見に行った。京都最古の禅寺と言われる建仁寺は、開山は栄西禅師で、開基は源頼家。有名なのが「潮音庭」。三連の庭といわれ、中央に三尊石、その東に座禅石、周りに紅葉を配した四方正面の禅庭で知られている。
CA3F14330001.jpgCA3F14340001.jpgCA3F14360001.jpgCA3F14370001.jpg

それから、法堂の天井画も知れ渡っている。平成14年、創建800年を記念して小泉淳作画伯筆の双龍が描かれている。迫力のある龍の天井画である。
天井画にあわせ、襖絵「雲龍図」や屏風「風神雷神図」なども建仁寺ならではの見所だった。
CA3F14310001.jpgCA3F14290001.jpgCA3F14320001.jpg


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 1

ビジネスマナーのメール

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
by ビジネスマナーのメール (2012-04-25 10:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0