So-net無料ブログ作成
検索選択

「西施」に魅せられて。 [雑感]

中国の歴史上の四大美女を、ご存知だろうか?
長い中国の歴史の中で四大美女としていまも伝説になっているのは、四人共がよほど美しかったのだろう、と想像できる。
その4人の中で最もよく知られているのが、唐代の皇妃、楊貴妃。そして墨画に劣勢の美女としてよく描かれいる「西施(せいし)」である。

小生も何度か「西施」の墨画を見たことがある。この「西施」にも伝説が残されている。
四文字熟語の ”呉越同舟” の素のストーリーである呉と越の戦いで、西施が「秘密兵器」としつ活躍したという伝説である。いまでいう”ハニートラップ”役を演じたと記してあった。
越のハニートラップとして、呉王の妾になり王を骨抜きにせよ、と大指令を受け呉の弱体化を図った。それが理由なのかどうか分からないが、呉は紀元前473年に滅びた。

こんなストーリーが真しやかに言い伝えられている。それほど”劣勢の美人”だったということになる。
だから、いまでも墨画の題材には最高の美女モチーフになるのだろう。

墨画はNETに紹介されていた「西施」画をシェアさせていただいた。

西施.JPG

西施2.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。