So-net無料ブログ作成
検索選択

明石港の風景。 [雑感]

明石の名物と言えば「タコ」。タコの水揚げ量は、都道府県別でいえば、兵庫県が北海道に次いで第2位。瀬戸内海では、兵庫県の中でも明石港の水揚げが一番多い。

明石港に停留する漁船のほとんどがタコとカレイの漁獲のようである。ほとんどが「底引き網漁法」(写真)で行う。船尾に網が装備されている。網の中でも網目の小さいのが、タコ専門のようである。

全国の漁港で内容が異なるが、水産資源の保護に関わる持続的漁業という規制があるらしい。明石港の場合は、出港から帰港までを13時間と漁師組合で決められている。

漁船によって漁場が違う。早朝出港する漁船もあれば、午後から出かける漁船もある。いずれにしても漁場までの移動時間を入れて13時間という時間設定。その間に経験と、漁探知機を駆使してのフル操業である。
午後からの操業に向けて2隻が出港していった。

明石港3.jpg

明石港4.jpg

明石港1.jpg

明石港2.jpg

ちょっと変わった船員さんも乗り組んでいた。(写真中央)
明石港5.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0