So-net無料ブログ作成

風水思想を色濃く反映している中華街の門。 [文化想造塾<建造物>]

中国では、城や寺院に必ず「門」が存在する。日本の鳥居にあたるものであるが、その存在感は極めて大きい。それは、中国文化のルーツとして中国人の暮らしに根付いている「風水」というのが大きくかかわっているようだ。

それを見てとれるのが、横浜中華街にある10基の門である。そのうちもっとも風水に影響された主門が、東の「朝陽門」、南の「朱雀門」、西の「延平門」、北の「玄武門」の4基である。
調べてみると、風水思想のベースになっている五行説では、それぞれの方角を表す「色」と「聖獣」が決められいる。東は「青」で「青龍」。南は「朱(赤)」で「朱雀」。西は「白」で「白虎」。そして北が「玄(黒)」で「玄武」。それぞれが豪華絢爛にこれらのモチーフが反映されている。

中国では古来より、皇帝が城を築くとき、城内に入ってくる邪気を見張るために東南西北のみに通路を開き、門衛を置いた。それらは「春夏秋冬」「朝昼暮夜」という陰陽五行に基づく色である「青赤白黒」で彩られ、さらに各方位の守護神として人々に根強く信仰された四神を据えたといわれている。

横浜中華街を大きなお城として、主門4基の守護神が邪を見張り、街内の繁栄と安全をはかるために大きな役割を果たしているようだ。

朝陽門(チョウヨウモン)
日の出を迎える門。朝日が街全体を覆い繁栄をもたらす。守護神は青龍神。色は青。
朝陽門.jpg

朱雀門(スザクモン)
厄災をはらい、大いなる福を招く。守護神は朱雀神。色は赤。
朱雀門.jpg

延平門(エンペイモン)
平和と平安のやすらぎが末永く続くことを願う。守護神は白虎神。色は白。
延平門.jpg

玄武門(ゲンブモン)
子孫の繁栄をもたらす。守護神は玄武神。色は黒。
玄武門.jpg

写真は、一部Yahoo画像から転載。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート