So-net無料ブログ作成
地域発展 ブログトップ
前の10件 | -

向島巡り。新しい想い出が、また一つ。 [地域発展]

尾道駅側からいくつかのフェリーが向島との連絡船として運行されている。
その一つである、駅前から出るフェリーは半世紀前に通学で使っていた。
いまも変わらず、片道5分ほどの所要時間であるが、利用する人の交通手段として重宝されている。

通学に使っていたこのルートのフェリーは、いまも人と自転車のみの乗船。片道100円という安い値段である。しかし、当時は、いまの二十分の一の5円だったことを記憶している。

向島の船着き場から歩いて数分の所に母校があったが、平成15年に統合され廃校になった。いまは、他の私立も中学校・高等学校が、当時の母校の校舎を改修し使っていたが、当時の面影がいまも残っていた。

母校をあとにし、陽射しが照りつける中、歩いて15分のところに昭和の雰囲気を漂わせるラムネやサイダーをつくるお店に向かった。このお店はたび雑誌や女性誌にもよく取り上げられている。
せっかく機会なので寄ってみた。

私と同世代と思われる笑顔の可愛らしいご夫人が事務所から出て来られた。雑誌等でもよく見かける顔だった。まさに昭和の”看板娘”。
もう80年近くラムネやサイダーを製造しているという。しかしながら、ラムネをビンごと持ち帰ることは出来ない。ビンは製造していないので、ここで飲んで行ってほしいとのことだった。

子供の頃、いつも飲んでいたラムネ。この炭酸が、照りつける陽射しの中で、喉を潤す清涼剤になった。話している最中にもひっきりなしにお客さんが立ち寄っていく。
しまなみ海道をツーリングするライダーや車で訪れる人たちも昭和の味を求めて集まってくる。

時は過ぎ去っていくが、また一つ新たな想い出が増えていく。

向島5.jpg

向島11.jpg

向島12.jpg

向島9.jpg

向島8.jpg

向島6.jpg

向島7.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

懐かしい尾道も時とともに変化するが、自然の風景は昔のまま。 [地域発展]

かれこれ20年近くぶりになるだろうか、尾道散策を楽しむ時間があった。
墓参りのついでに立ち寄ったのだが、どちらかというと尾道巡りがメインとなった。

まず、お昼時ということで腹ごしらえに、食べるなら「尾道ラーメン」をと思っていたものだがら商店街入口のラーメン店を覗いた。評判の人気店は行列で諦めたが、味は想像以上のものだった。
商店街をぶらぶらと歩いてみた。高校時代によく通ったこの商店街は懐かしい街並ではあるが、女性が好みそうなオシャレな店に変わっていた。雑誌に取り上げられるほど人気の街並として全国から集まってくる。

商店街を突き抜けたところに、千光寺公園へ上がるロープウエイ乗り場がある。ロープウエイに乗って山頂へ。車窓から眺める尾道水道や向島の風景は、過去を呼び起こす昔のままだった。

尾道0.5.JPG

尾道0.jpg

尾道1.jpg

尾道6.jpg

尾道2.jpg

尾道3.jpg

尾道4.jpg

尾道5.jpg




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

酒造好適米「山田錦」は兵庫県の特産。 [地域発展]

兵庫県は、他府県と比較して特産品が多いようである。それは、海があり、街があり、山々があり、そして県地域が広範囲であるという土地柄のせいかもしれない。

特産品の一つに”山田錦”というブランドの米がある。日本酒の好きな方なら聞いたことのある銘柄だろう。
稲の一品種である。日本酒醸造の、中でも大吟醸などの高級日本酒の原料になる酒造好適米として有名。大粒な米で脂肪・たんぱく質の含有量が少ないのが特徴である。

昭和11年(1936)に命名され、三木市などを中心に生産されている。
田んぼには、わざわざ他の田んぼとの区別をし”山田錦生産する田んぼ”という旗や看板をよく見かける。

山田錦1.jpg

山田錦2.jpg

山田錦3.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

長田区の歩道に五輪選手のシューズの絵。 [地域発展]

勤務地が神戸市長田区になったことで、1ヶ月前まで馴染み親しんでいた中央区とは環境も風景も街並も違う。通っている所は、阪神大震災よる火事で街が全焼したところである。

この長田区は、「靴づくりの町」として歴史がある。震災時にケミカル関連の工場は消滅し焼け野はらに。震災を機に町は一変した。その後、地元協議会や行政の指導で見違える町へと変貌を遂げている。

区画整理された新しくなった車道や歩道。昨日、通勤途中にその歩道を歩いているとある痕跡を発見。それは、歩道の石にスポーツシューズが描かれていた。ケミカルシューズの、町の功績の一つとしてそういう形で残されているのだろう。

よく観ると、すべてオリンピック選手のシューズの絵ばかり。私が観ただけでも、マラソンの橋尚子選手、野口みずき選手、有森裕子選手、なでしこジャパンの川上直子選手、磯崎浩美(旧姓)選手、山本絵美選手、大谷未央選手、野球日本代表の松村有人選手、谷佳知選手、テニスの沢松奈緒生子選手などの方たちのシューズが描かれていた。
すべてアテネオリンピック出場時に履いたシューズだと想像がつく。

ケミカル工場も靴製造工場も、震災以前に比べると極端に減ったと言われている。しかしながら、若い人たちが “モノづくりの街” の復活をめざし動き始めている。イタリアで修行をした若者たちの、オリジナル革シューズの工房などが少しずつだけど注目を集めてきている。

街が生まれ変わり発展を遂げていくには、人の労力を基盤に、その土地の積み上げた歴史ストーリーを受け継いでいくことがなによりも大事なことではないだろうか。

髙橋1.jpg
髙橋2.jpg

野口1.jpg
野口2.jpg

有森2.jpg

谷2.jpg

川上1.jpg

川上2.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

今日は、八十八夜。 [地域発展]

今日は、八十八夜。

夏も近づく八十八夜 野にも山にも若葉が茂る
あれに見えるは茶摘みぢゃないか あかねだすきに菅(すげ)の笠

子供のころに覚えた「茶摘み歌」。いまだに口ずさめるのが、なんとも不思議である。とくにここ数年、煎茶を始めたこともあり、茶葉等にも関心を寄せるようになった。

お茶の産地としては、京都宇治、静岡などが有名どころだが、滋賀県の近江は、日本の茶文化の始まりとなった地域といわれている。
比叡山の開祖、最澄が唐より持ち帰った茶の種子を、比叡山麓の坂本あたりに播いたことが最初のようだ。
現在、ブランド「近江茶」は県南部の土山町、信楽町、水口町が産地として育てられている。

いつもながら思う。新茶の味は格別なものである。今年もまた楽しみである。

写真は、本日、滋賀県土山町で茶摘みされている様子などを、滋賀県の三日月大造知事自らが撮影された。それをお借りしている。

茶3.jpg

茶2.JPG

茶1.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

名湯、有馬温泉も海外の人たちで賑わう。 [地域発展]

日本の温泉が海外からの観光客に大人気になっている。
温泉は、日本文化のカテゴリーとして認められているようだ。歴史的にみても非常に古いのは確かだ。
日本の三古湯としては、日本書紀やなどに記されてあるものでいうなら、道後温泉(愛媛県松山市)、有馬温泉(兵庫県神戸市)
、白浜温泉(和歌山県白浜町)ということらしい。

この三古湯のなかで「有馬温泉」は、関西地域の人たちに馴染みがある温泉地であるのは言うまでもない。全国的にも有名に温泉として評判が高いのも事実のようだ。その理由として、日本の三名泉の一つに数えられている。有名なのが「金泉(きんせん)」、「銀泉(きんせん)」という泉質の湯である。その泉質は、湧出場所によって異なるようだ。

有馬温泉といえば「金泉」。塩分と鉄分を多く含む「含鉄塩化物泉」で褐色の「赤湯」である。その他に、ラジウムを多く含む放射能泉と、炭酸を多く含む炭酸水素塩泉がある。
「赤湯」といわれる含鉄塩化物泉は湧き出るときは透明だが、空気に触れることで着色するようである。それ以外の透明な温泉は「銀泉」と呼ばれている。

先日、神戸の北区に用事があって山道を走った。眼下に有馬温泉街あり、一望できるスポットから眺めスマホで撮影。神戸市街地から30分程度で行ける身近な温泉地である。たまに日帰りで行くこともあるが、いまは若い女子や海外からの人たちで賑わっている。とくに海外からの人たちのが日本の温泉を文化として捉え親しんでいる。「温泉文化」構築に一役も二役も貢献してくれている。日本を訪れる観光客の旅行目的が、"爆買"から少し変わりつつあるようだ。

有馬6.jpg

有馬.jpg

有馬5.jpg
湯船、街並はYahoo画像より転載
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

残り名物、いまも誇らしげに走る。 [地域発展]

今日は久しぶりに大阪 天王寺まで行った。ご存知のとおり日本で一番高いビル、あべのハルカスがあるところ。
数年前からあべの筋などこの周辺が変わりつつある。天王寺、阿倍野界隈は大阪南地域に位置し下町中の下町として ”大阪らしさ” の典型地域である。しかし、地域開発でその風土、情緒、雰囲気、街並みが消え去ろうとしている。

むかしからあべのといえば「チンチン電車」が走る町として馴染み深い。あべの筋は今でも堺方面までいく路面電車が走っている。これが、目に見える大阪らしさの残り名物であるかのように誇らしげに今日も私の目の前を走り抜けて行った。

一部あべの筋沿いや路地裏のお店は昔ながらの雰囲気を残しているが、その灯火がいつの日か消えていくと思えばさみしい気がする。

あべの1.jpg

あべの2.jpg

あべの3.jpg

あべの5.jpg

あべの4.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

心に刻まれた想い、新たな原動力に。 [地域発展]

久太郎町の坐摩神社を訪れたあと、南船場4丁目界隈に足を向けた。
いったん御堂筋に出て南へ、地下鉄で言えば「心斎橋」駅方面に。御堂筋と長堀筋の交差点「新橋」から西側界隈の南船場4丁目をぶらり。

本町から新橋までの御堂筋沿いには、ご存知のようにビル1階は有名ブランドの店舗が軒を連ねている。御堂筋から長堀橋筋を西に行くと小生の想い出深い街4丁目界隈である。平成元年に独立開業し事務所を設立し、12年間仕事場として通っていたので印象深く記憶に残っている。

ご存知だろうと思うが、南船場4丁目は、若者対象のアメリカ村に対して、大人の魅力を醸し出す街として洋服・雑貨や美容室、飲食などの有名店がこぞって出店し、有名地域として名を馳せていった街である。

懐かしさのあまり少し歩いてみた。正月休みということもあり、街並は閑散としていたが、昔同様店舗が連なっている。それ以来、各地での街並の変化、店舗形態の変化、もちろんお客層の変化等々にも対応しながら生き残り闘い華やいでいるように感じられた。

時代は過ぎ変化したにもかかわらず、心に刻まれた想いが、また新しい何かを生み出す原動力になっていくような気がした。

南1.jpg

南2.jpg

南3.JPG

御堂筋.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ほんとうの長田のシンボルになることを願う。 [地域発展]

神戸市長田区にはこんな巨大なモニュメントがある。「鉄人28号」である。
2009年10月に、JR新長田駅南側の若松公園内に完成し丸6年になる。今年、鉄人がお色直しされ輝き増していた。
神戸の人は、この巨大鉄人モニュメントの存在は知っているが、観光PRの価値的建造物として、また長田区のシンボルとして機能しているかといえば、首を縦に振れないところがある。

「鉄人28号」は、神戸出身の漫画家、故横山光輝さんが1956年に発表した漫画作品である。私ら世代は、正義の味方「ファッタスティック・シンボル」としてこぞって漫画やTVにかじりついていた記憶がある。
だから、あのモニュメントに対して「鉄人28号ストリー」が随所で観れたり楽しめたり体験できたり、そして次の世代にロマンとドリームを与えられる、長田区の本当のシンボルになることを切に願う。

鉄人1.jpg

鉄人2.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

昭和の入り口に「コーベアー」。 [地域発展]

神戸高速駅と新開地駅を結ぶ地下道には有名な卓球場や散髪屋さん、本屋さんが並ぶ。このメトロこうべ活性化の一環として、高速神戸駅東改札前に設置された自販機と壁面が一体となったおもしろ〜いラッピングがお目見えしている。
それは、神戸、新開地の風景をバックに「コーベアー」のキャラクター達がピンポンをはじめスポーツやジャズ演奏などをしている図案になっている。
昭和の面影を残す地下道の入り口が一気に明るくなった。

メトロ1.JPG
メトロ2.JPG
メトロ3.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | - 地域発展 ブログトップ