So-net無料ブログ作成
検索選択
トーク&ショー ブログトップ

義姉、東京でのハンドニット「トーク&モデルショー」に奮闘 !! [トーク&ショー]


今朝、義姉から電話がかかってきた。
「いま現在、申込者が36人になったよ」。

義姉は、写真集を作ったことを機に、一昨年から和歌山、岐阜そして昨秋、神戸でMADAM KEIKOオリジナルハンドニットコレクションの「トーク&モデルショー」を開催してきた。

主婦が趣味で始めた手編みニット。編み続けた40年の作品集の中から30点をセレクトしたものを直接モデルに着せて、作品解説から写真集を発行するまでの秘話を語る楽しいイベントになっている。

そのイベントを2月に初めて東京で開催する。いままでは姉の地元関西圏で行ってきた。友達や知り合いが駆けつけてくれて、思った以上の来場者に恵まれていた。しかし東京はそうはいかない。初めての開催だし、まったくのアウエーである。

当初は、集客の不安が言葉にあらわれていた。チラシが出来上がってきたときから、友達へ、友達の友達へ、そして知り合いの知り合いへ、と送り続けている。姉にとってみれば、アウエーを制する必死の闘いなのであろう。

もうすぐ70歳になる。歳を書くと怒るかも知れない。サポートはあるにしてもほとんど一人で何もかもやり通してきた。一つのことをコツコツとやり、夢を持って歩み続けている人生である。身内で称賛するのはおこがましいが、姉の人生に乾杯したくなる。

電話で「すごいね!」と言葉をかけた。闘いの様相が見えてきている。
声が弾んでいる。

もし、関東の読者の方で、ニットに関心のお持ちの方でタイミングが合えばぜひお越しください。私も会場でドアおじさんをしていますので声をかけてください。詳しい内容は下記の通りです。

■日時/2008年2月10日(日) 午後2時~4時
■場所/東京・帝国ホテル 本館3階「雅の間」
■入場料/3,000円(お茶・ケーキ付き)
■主催/MADAM KEIKO ARTKNIT
■後援/株式会社 雄鶏社
■申込み/メッセージにてお申し込みください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ミラノが見えてきた。 [トーク&ショー]


この前の日曜日にマダム圭子さんのトーク&ショーのお手伝いに行った。

圭子さんは、実は私の義姉になる人なので、個展やショー、そして今回のトーク&ショーなどのイベントときは必ずお手伝いをしている。

トーク&ショーは今回で3回目。和歌山、岐阜そして神戸。来年の2月は東京が決まっている。そしてその後は順番としてミラノである。

このトーク&ショーをはじめるきっかけは、昨年40年も編み続けた作品を写真集として出版したことから。一つのことを根気よく続けてきた結果が話題になり、170頁オールカラーの写真集として発刊された。

その写真集の中に掲載されている作品を直接多くの方たちに見ていただきたいと言うことと、写真集を発刊されるまでのエピソードを披露しようと思い立ったのがトーク&ショーであった。

以前からミラノでショーをしたい、というのが口癖。当然いまも言い続けている。一介の主婦がである。なんてことを言うの、と当時はあきれていた。

言い続けていくと現実にその夢がかなっていくものである。最初は小さなアトリエを借りて個展から始まった。

それがである。豪華写真集が発刊され、各地でトーク&ショーが進んでいく。来年は東京。もしかしてミラノも実現されることになるんとちゃうかな、と。
いまでは確信に変わりつつある。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

10月神戸で、マダムKEIKOニットコレクション・トーク&ショーが開催される。 [トーク&ショー]


今年の2月に和歌山で「マダムKEIKOニットコレクション・トーク&ショー」が行われた。
そして今年2回目を10月28日(日)、神戸・ポートアイランドにある「ポートピアホテル」での開催が決まった。

マダムKEIKOさんは、和歌山在住の主婦。主婦の傍ら手編みニットを編み始めて40年。
40年編み続けた集大成として、昨年「MADAM KEIKO オリジナルハンドニットコレクション」(発行/雄鶏社)と題した写真集を出版された。
168頁のオールカラーの見事な写真集として話題になった。

マダムKEIKOさんは、作品に込めた悠久の想いをエッセーにして写真に添えている。写真は料理写真等でお馴染みの西川治氏が和歌山に通いつめて撮りおろした作品ばかりである。すべて和歌山の自然をバックにしている。マダムKEIKOさんが、西川氏を車に乗せて和歌山の奥地を駆け巡って見つけた場所で撮影されているものばかりである。
作者(作品)と自然、そしてそれを表現したカメラマンの3者が一体となってできた傑作である。

その写真集に載った作品をモデルに着せ、作品紹介と撮影エピソードを交えた楽しいトークショーを10月神戸で。

実際に、作品を目の前でみていただくことで、手編みニットにかけた作者の壮大なロマンに感動。そして一針一針にかけた比類のない逸品に心を奪われることに。

神戸のトークショーに、ご来場を希望される方は、「参加希望」とメッセージを書いていただければ幸いです。。
入場料は、3,000円です。(ケーキとお茶付き)

下記のアドレスは、今年2月の和歌山でのトークショー雑感です。
http://blog.so-net.ne.jp/nagomian/2007-02-19


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
トーク&ショー ブログトップ