So-net無料ブログ作成
検索選択

「ビートたけし」の表と裏? [雑感]

長い間、テレビ番組等で「ビートたけし」というお笑い芸人を観てきた。
若いときから、人を蹴散らし毒舌をを吐いてテレビ業界のバラエティ分野でのし上がり長いことその分野で"殿"といわれ君臨している。
ビートたけしのイメージは、"無鉄砲""我侭"破天荒"という言葉がぴったりあう人物像として映っている。だから、テレビ界や映画界等で活躍できている、という想いをもつ人たちも多いのではないだろうか。

ただ才能や権力だけで、テレビ番組の看板として続くわけでもないだろう。なにか極められた能力を持ち合わせているはずなのだが、あのイメージが強すぎてなかなか我々、視聴者には見えてこない。
しかしながら、あのビートたけしが書いたとは思われない文章の一節をネットで見つけた。

それが下記のタイトルのものだった。

【 作法と気遣い 】

作法というのは、
突き詰めて考えれば、
他人への気遣いだ。

具体的な細かい作法を
いくら知っていても、
本当の意味で、
他人を気遣う気持ちがなければ、
何の意味もない。

その反対に、
作法なんかよく知らなくても、
ちゃんと人を
気遣うことができれば、
大きく作法を外すことはない。

駄目な奴は、
この気遣いが
まったくできていない。

人の気持ちを考えて
行動するという発想を、
最初から持っていないのだ。

他人への気遣いで大切なのは、
話を聞いてやることだ。

人間は歳を取ると、
どういうわけかこれが
苦手になるらしい。

むしろ、
自分の自慢話ばかり
したがるようになる。

だけど、
自慢話は
一文の得にもならないし、
その場の雰囲気を悪くする。

それよりも、
相手の話を聞く方がずっといい。

料理人に会ったら料理のこと、
運転手に会ったらクルマのこと、
坊さんに会ったら
あの世のことでも何でも、
知ったかぶりせずに、
素直な気持ちで
聞いてみたらいい。

自慢話なんかしているより、
ずっと世界が広がるし、
何より場が楽しくなる。

例え知っていたとしても、
一応ちゃんと聞くのだ。

そうすれば、
専門家というものは、
きっとこちらの
知らないことまで
話してくれる。

井戸を掘っても、
誘い水をしないと
水が湧いてこないように、
人との会話にも
誘い水が必要なのだ。

~ ビート たけし ~
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

朝の光景。 [雑感]

夙川オアシスロードを南に走った。
5分ほど走ると河口に着いた。

30年くらい前に、娘たちをよく連れて来たところなので
海辺で楽しむ親子を眺めていると、月日が経ったことを実感する。

当時より水も風景もきれいになっている気がする。

水辺1.jpg

水辺2.jpg

水辺3.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

水中の玉手箱 [雑感]

今日はこんなところに行ってきた。何十年ぶりだろう。
子供たちの水中の玉手箱とばかり思っていたが、大人も楽しめる。
日常にはない空間と時間に体も頭も爽快になる。なんと不思議なところだった。

海遊館1.JPG

海遊館2.jpg

海遊館3.jpg

海遊館4.JPG

海遊館5.jpg

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

「西施」に魅せられて。 [雑感]

中国の歴史上の四大美女を、ご存知だろうか?
長い中国の歴史の中で四大美女としていまも伝説になっているのは、四人共がよほど美しかったのだろう、と想像できる。
その4人の中で最もよく知られているのが、唐代の皇妃、楊貴妃。そして墨画に劣勢の美女としてよく描かれいる「西施(せいし)」である。

小生も何度か「西施」の墨画を見たことがある。この「西施」にも伝説が残されている。
四文字熟語の ”呉越同舟” の素のストーリーである呉と越の戦いで、西施が「秘密兵器」としつ活躍したという伝説である。いまでいう”ハニートラップ”役を演じたと記してあった。
越のハニートラップとして、呉王の妾になり王を骨抜きにせよ、と大指令を受け呉の弱体化を図った。それが理由なのかどうか分からないが、呉は紀元前473年に滅びた。

こんなストーリーが真しやかに言い伝えられている。それほど”劣勢の美人”だったということになる。
だから、いまでも墨画の題材には最高の美女モチーフになるのだろう。

墨画はNETに紹介されていた「西施」画をシェアさせていただいた。

西施.JPG

西施2.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

不思議? 見上げれば電線だらけ。 [雑感]

先日、ある外国の友人からこんな質問というのか、疑問を投げかけられた。
「日本は世界でも屈指の先進国なのに、なぜ、電線が地上に張り巡らされているのか。スマートではないね」と。その友人は、世界の先進国はもちろん、新興国にしても地中に埋められている。日本では、主要幹線道路は地中に埋められているが、一旦路地に入ると見上げれば電線だらけ。不思議でならなかったのだろう。実は、私自身もそう思っていた。恥ずかしながら疑問に答えられなかったのである。

この機会にちょっと調べてみた。
日本の場合、地中のインフラが世界でも類を見ないほど普及している。これらのインフラは地震国日本では問題ないが、地中にすべての電線を埋めるとなると大きな問題が派生する。その一番大きい理由が、配電事故が起きたとき復旧作業に莫大な費用と時間がかかるという。それに、電線を地中化することで、電気代が今の数倍も高くなるようである。

そういうデメリットを考えると、見栄えはよくないが、地上の方がよい、ということらしい。
先進国でも地域によっては地上にある。やはり地震地域には地上がいいのだろうか。

朝陽1.jpg

モノ2.jpg

モノ1.jpg



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

幸せ、いっぱい。 [雑感]

5月5日。端午の節句。
男の子の無事なる成長を願い、
ここ夙川にも天高く昇る鯉のぼりが舞っていた。

鯉1.jpg

鯉2.jpg

鯉3.jpg

鯉4.jpg

鯉5.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

初乗り。 [雑感]

今日は、朝から春らしい陽射しに誘われ、自転車で海までライディング

誕生日にもらって以来初乗り。久しぶりの浜を満喫した。

自転車1.jpg

自転車2.jpg

自転車4.jpg

自転車3.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

三宮神社に咲く紅白の梅。 [雑感]

神戸には一宮神社から八宮神社までが3区にまたがってある。徒歩で廻れない距離でもない。
その中で三宮神社は、神戸大丸の北側に鎮座し、市街地のど真ん中にある。その三宮神社の鳥居の両柱に重なるかのように、右に紅梅、左に白梅がある。
立春を過ぎ、三寒四温を繰り返えすなか、まず紅梅から芽がふいてくる。蕾から八重の花を咲かせる。少し遅れ白梅も芽をふく。紅梅と対照的に一重咲きで一輪、そしてまた一輪と花を咲かせる。
凛として佇む紅白の梅、春を思わせる陽射しに映えキラキラしていた。

三宮神社1.JPG

三宮神社2.JPG

三宮神社3.JPG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

前回に続き、「うどんモダン焼き」を。薄くひく生地に納得。 [雑感]

先日、ランチタイムの「うどんモダン焼き」に続いて、昨日も同じうどんモダン焼きを食べた。ただ、お店が違う。ともに同じ明石市内の評判のよいお店。今回は、庶民的で美味しいという評判を聞き行ってみた。

確かに私好み。私の舌は当てにはならないが、作り方広島風に少し近いものがあったというだけなのかもしれない。しかしながら、こだわりの一つの生地がサラサラなところに、私が思うお好み焼きの原点に見つけた。その生地の中身はわからないが、これがこの店の特徴のように思えた。

作り方は、写真で解っていただけると思うが、生地を鉄板に薄くひく。これを見て納得した次第である。

お好み焼き.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

こんな歳で、こんなプレゼント。 [雑感]

昨日は、私の誕生日。歳を言うのはちょっぴり恥ずかしい。りっぱな(?)爺さん年齢の"ルート66"。(ギャグでも飛ばさないと言いにくい)

一見、歳にそぐわない、こんなプレゼントが昨日、家族一同から届いていた。ママチャリしか乗ったことのない私が、このスポーツタイプのバイクに乗れるのか、と少々娘たちは心配してくれたようだ。
実は、娘たちに、なにが欲しい、と聞かれたので、私がこのバイクをお願いした。新しいチャレンジになる。乗りこなせるまで少し時間はかかるかもしれないが、楽しみである。

自転車.jpg



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート