So-net無料ブログ作成
ライブインテリジェンス<歌舞伎>文化塾 ブログトップ

江戸時代に盛況だった「農村歌舞伎舞台」。 [ライブインテリジェンス<歌舞伎>文化塾]

この建物がなんであるか、写真だけではわかりにくい。かなり年代物の建物であることは想像がつく。
これらは「農村歌舞伎舞台」と称されるものである。しかしながら、農村歌舞伎舞台っていわれてもピンとこない。

江戸時代末期から明治かけて大盛況を呈した村芝居の舞台である。当時、全国に2千棟ほどあったといわれている。現在でも1千棟が保存され、その中でも兵庫県には170棟がある。とくに北神戸地域のものは文化財として保存されている。

江戸時代末、1841年から始まった天保の改革の風俗粛清の影響で閉鎖された大阪の芝居小屋の浄瑠璃太夫や人形遣いが大阪を逃れ、この地に流れ込んだ。それを機会に農村舞台での歌舞伎、浄瑠璃、文楽や芝居などが盛んに行われるようになったようだ。

兵庫県にある中でも写真にあるこの二つは非常に特徴があり、数年ごとにいまでも農村歌舞伎が行われている。

北僧尾農村歌舞伎舞台は、江戸末期から明治にかけ非常に人気のあった舞台の一つ。全国に現存する舞台の中でももっとも古いといわれている。
一般的には、舞台は神社境内に建てられことがほとんどで、祭事の奉納芸能として盛んだった。
写真にあるように、舞台と長床(宮座行事を行う建物)を併用した形で造られている。
正面右端上部に突出部が見える。「チョボ床」といって義太夫や三味線の座である。
正面下部にある横板は「バッタリ」といわれ平素は雨戸であるが、舞台上演の際は前に倒し舞台を広くするようにしている。

もう一つは、下谷上農村歌舞伎舞台。この舞台は数多くの特徴がある。花道、太夫座、回り舞台、二重台、大せり、ぶどう棚など多種の舞台機構がある。そしてもっとも特徴があったのが、全国唯一の、花道の一部が回転して反り橋が出るという特殊機構が備わっている。当時の農村舞台としては大変珍しかったようだ。
全国屈指の歌舞伎舞台として、国指定重要有形民俗文化財に指定されている。

聞くところによると、全国に点在する歌舞伎舞台で上演する出し物は、地域によって特有の風俗を表現したものが多かったようである。代表的なものが秋田の「なまはげ祭り」も農村歌舞伎の名残りのようである。


05F93A71-5723-4FA8-BA49-BB5D9FCA0BCF.jpeg808B8232-25C0-46B5-BB21-CA693CF15747.jpeg
0927ACEA-6FDC-455D-995D-9B6E5C14E130.jpeg894BEAB7-0F8F-477E-BCEC-1E812605F0F8.jpeg
E447CE12-239D-4F23-BC4F-E860123E7092.jpeg

nice!(0)  コメント(0) 

ライブインテリジェンスに「歌舞伎」が加わる。 [ライブインテリジェンス<歌舞伎>文化塾]

先日、大阪松竹座の真ん前の喫茶店で2時間あまり「日本文化」について川島靖男さんという方と話し込んだ。川島さんとは初対面であるが、これほど意気投合するとは思ってもみなかった。

川島さんは私より先輩で、いまは大阪芸術大学短期大学部の経営デザイン学科の教授をされている。松下電器産業(現パナソニック)に長く務め、パナソニック映像の代表で定年退職された。いわばテレビや映像関係ではスペシャリストである。

会社での経歴はともかく、私が出会いを求めたのは「関西・歌舞伎を愛する会」の事務局長という立場の川島さんから「歌舞伎」文化を教えていただくことを目的に出会いが実現した。

共に日本文化をこよなく愛する者同士で話は当然ながら盛り上がる。共に日本文化の素晴らしさを多くの人たちにもっともっとわかりやすく伝えたい、という活動の思いが120%共感。

川島さんは歌舞伎を愛する会の事務局長として歌舞伎の普及発展に惜しみない努力をされている。能や文楽同様、歌舞伎の面白さがまだまだ伝わっていないということで、誰にでも親しみを覚える歌舞伎言葉や専門用語、仕草や道具、もちろん役者についても。そして歴史や文化に至るまでを丁寧に指導されている。

話を聞けば聞くほどおもしろい。"なぜ女性が舞台に立たないのか?"また"歌舞伎の語源"など歌舞伎の興味をそそる話ばかりである。私が一人感動しながら聞くのもいいが、実にもったいない。

この話をもっともっと多くの方に聞いて欲しい、と思った。実に楽しい。歌舞伎の話ではあるが、日本の歴史や習慣、慣習を学んでいるようである。煎茶とまさに同じ。

そこで、「歌舞伎を知って、心豊かな人生を!」"庶民が輝いた、江戸時代の素晴らしさ"をテーマに3回シリーズで講座が実現することになった。

第一回目は6月19日(土)、午後。講義は、歌舞伎の誕生と歴史、阿国歌舞伎、なぜ女性は舞台に立たないのか。女方、上方歌舞伎、江戸歌舞伎とは、花道、日本人の発明「回り舞台」、黒衣などなど。面白さ盛りだくさんの話が聞けそうである。

詳細が決まればまたご案内させていただく。乞うご期待!!!の講座になると思う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
ライブインテリジェンス<歌舞伎>文化塾 ブログトップ