So-net無料ブログ作成
夙川ソーシャルカレッジ ブログトップ
前の10件 | -

ボチボチ満開かな。 [夙川ソーシャルカレッジ]

阪急夙川駅の北側の桜はほぼ満開。見上げていると心がなごむ。

夙川桜1.jpg
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

岩が御神体の越木岩神社で「椿まつり」が行われている。 [夙川ソーシャルカレッジ]

今日も春の陽射しが心地よかった。
今日、明日と近くの越木岩神社で「椿まつり」が行われているので出かけてみた。今年も200種類の椿が展示されていた。目に付いたのが、写真にあるように大輪の椿。「バレンタインデー」と名が付いてた。女性に贈ったら、きっと喜ばれるだろうから、そういう名が付いたのかな~と想像が広がる。

越木岩神社は、西宮市の苦楽園の少し山手にある神社。御神体が写真にあるように「岩」である。この岩は、「安産の神」、「殖産興業の神」、「諸願成就の神」として崇拝され、修験者が修行した霊験あらたかの岩と表示してあった。

この霊岩を大阪城築城のために切り出そうと村人たちの制止の懇願にもかかわらず、豊臣秀吉が石工達に命じて割らせたところ、岩の割れ目から真白な煙が立ち昇り、石工達は転げ落ち運び出せなかったと伝えられている岩と記されてあった。
この岩を一周すれば御神徳が授かるというというのでパワースポットになっているようである。

明日は、椿まつの本番で数々のイベントもあるようだ。ぜひ、夙川・苦楽園散策に加えてみてください。

越木岩神社3.jpg越木岩神社1.jpg
越木岩神社6.jpg越木岩神社5.jpg越木岩神社4.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

春の息吹を感じる。 [夙川ソーシャルカレッジ]

春の陽射しに誘われて久しぶりに夙川沿いを歩いた。
いたるところに春の息吹を感じさせる光景に出会った。

1本の老木に桜が開花していた。一番桜。
ソメイヨシノのつぼみはふっくらし、春の本番に向けて力を蓄えているようだった。
川面には、大きな鯉が戯れていた。
川沿いのベンチでは、お嬢さんが津軽三味線を響かせていた。

春のおとずれを心身で感じる至極のひとときを楽しませてもらった。

夙川1.jpg夙川7.jpg夙川4.jpg夙川6.jpgsrc="/_images/blog/_08e/nagomian/E5A499E5B79D7-ed89f.jpg"
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

身体表現者デカルコ・マリィの静と動を楽しむ。 [夙川ソーシャルカレッジ]

ウラン堂2.jpg
西宮・苦楽園に素敵なカフェ&ギャラリー「ウラン堂」がある。
行くたびに、新しい刺激や感動をもらえるところである。ウラン堂は、写真やグラフィックなどの美術書が展覧され、お茶も楽しめるギャラリー。

先週の日曜日、有本ヒデヲ"デカルコ・マリィ的考察"と題した写真展の最終日に伺った。写真は、有本さんが、身体表現者デカルコ・マリィさんを撮った数々の作品を展示してあった。展覧会の最終日の夕方に、デカルコ・マリィさんのパーフォーマンス&ライブセッションがあると聞いていたので、楽しみに行ってきた。

被写体になった身体表現者デカルコ・マリィさんは、前衛舞踏家で路上パーフォーマンスを得意とするダンサー。以前は、維新派に所属、フリーになってからは世界の路上を舞台に活動している芸術家である。彼は、トランペットを背に狭いウラン堂を止めどもなく舞った。

頭のてっぺんから、脚のつま先までに神経を集中させ表現していく。ヨーロッパでは身体表現は芸術分野として確立されている。表現者は、自身のテーマを体と動きだけで表現する。観る側としては、それぞれの想像力をもって応えることでこの芸術が成り立つのだろう、と改めて思った。

下の写真は、有本氏と写真の数々

ウラン堂3.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

「WAKKUN」展を見て、感激。 [夙川ソーシャルカレッジ]

WAKKUN2.jpgWAKKUN1.jpg
今日は、自宅近所のあるギャラリー&カフェに立ち寄った。
「URAN-DOU」。とってもユニークなギャラリー。オーナーは、著名なグラフィックデザイナー。

ギャラリーでは、絵本作家の「WAKKUN」展が開催されていた。本日、最終日と聞いていたので友達の絵描きさんを誘い出かけた。WAKKUNこと涌嶋克己さんは絵本作家として大変人気がある。初めてお会いしたのにもかかわらず物腰が柔らかいし、とっても丁寧で優しいおじさんだった。

許可を得て撮影させていただいた。見てください、これらの作品。作品を見ただけで「WAKKUN」さんの人なりが想像できる。とっても温かい「言葉と絵」。URAN-DOUでは作品展は終わったが、またどこかで個展されるはず。その時は、ぜひ。

「WAKKUN」のプロフィールと作品紹介
http://hwbb.gyao.ne.jp/circusx2-pk/ehon/wakkun/wakkun.htm
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

作家9人による【18禁】作品展が和歌山で。懐かしい響きに誘われて。 [夙川ソーシャルカレッジ]

__.JPG
先日の、友人の画家のアトリエを訪ねた。
必死にキャンパスに向かっていた。キャンパスを見ると、美しい女性の背中が描かれている。背中を描いた作品は、よく展覧会では目にすることが多い。

キャンパスに描かれているのは少し違うようだ。よく見ると、背中の両サイドに何かが垂れ下がっている。
ホックが外れたブラである。それを発見するなり、頭が活発に動きはじめた。男の性というものだろうか。もしかして、横から見ると・・・。

写実派画家 森澤達夫氏が取り組む「エロス」という作品。森澤氏は、楽しさを魅せてくれる画家だと常々思う。
その森澤氏を含む9人のアーティストの展覧会が10月12~15日までの4日間、和歌山市の「和歌の浦アートキューブD1」で開催される。

テーマが「艶化」。サブタイトルのような言葉が添えられている。「18歳未満入場禁止」。つまり「18禁」作品展。そして、チラシにはこんなコピーが書かれている。

それは、エロスでなければならない。
そして、高尚でなければならない。
九人の作家が創る「エロス」、
限りなくエロティックで美しい。

18歳は超えているので職務質問されることなく安心して見れるので、和歌山まで脚を運んでみようと思っている。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

話題の女子ユニット「iroha」が、西宮の越木岩神社で行われたイベントに出演。 [夙川ソーシャルカレッジ]

CA3F14890001.jpg
今日は、西宮の越木岩神社で「ココロとカラダの元気フェスタ」が行われた。女性が中心になって企画運営されているイベント。女性に優しいイベントとしていま話題になっている。

アロマテラピー、鍼灸、古式マッサージ、ヨーガ、ボディーリラクゼーションの店舗出展に加え、チャイ&カレー、天然酵母パン、自然ワイン、蜂蜜、ジャムやカラダに優しい飲食店などが出展、鎮守の森が賑わいを見せた。

アトラクションとして、音楽ユニットとして「iroha」という尺八、二胡、ピアノの女子3人組ユニットが参加し、癒しの音を響かせた。

そのユニットのCDをいただいた。ファーストアルバムということなので、紹介させていただくことにした。ロマンティックなCDジャケットが目を引く。新しいタイプのユニットとして注目されつつあるようだ。機会があれば、ぜひ聴いてみてください。
120527_2120~01.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

越木岩神社で5/27、女子3人組ユニット「iroha」のライブ。<元気フェスタ> [夙川ソーシャルカレッジ]

どの分野でも、いま女性の活躍が目立っているように思う。

スポーツ、文化・教養面でも、企業経営や芸術・芸能分野でも女性の活躍がよくメディアで紹介されるので、そう感じるのかも知れない。

私も、女性の活躍シーンを見る機会が年々増えている。私自身の仕事の中でも女性だけの舞台などをいくつか企画している。伝統芸能の世界では"落語""講談""浪曲"など「話芸」を女性ばかりで披ろうする舞台とか、いくつかのものが進行している。年齢や、ジャンルを超えたユニットが生まれている。

その中で、いま注目しているのが、「iroha」というユニット。女性3人グループの音楽ユニットである。"尺八""二胡""ピアノ"で構成。日本、中国、そしてヨーロッパ生まれの楽器のコラボで不思議な音楽をつくり出している。

irohaは、すでにインディーズデビューを果たし、関西を中心に活動を広げている。そのライブが、近々では西宮・越木岩神社で行われる。

5月27日(日)に越木岩神社境内で「ココロとカラダの元気フェスタ」というイベントが一日開催される。このイベントの実行委員会メーンバーもほぼ女性。境内に、パン屋さん、はちみつ屋さん、カフェ、自然食品屋、ヨーガや心美整体などカラダに優しいお店が20店舗ほど並ぶ。その会場の中にある舞台でも朝から楽しいイベントが行われる。

その中で、午後2時10分から約30分が「iroha」のステージ。楽しい、ちょっと不思議で艶のある音楽を聴かせてくれると思うので、ぜひ、当日お時間がある方は越木岩神社までお越しください。

irohaの検索は http://izumi.chu.jp/iroha.htm

阪急・苦楽園口から神社まで送迎バスが運行していますので、ご利用ください。
このイベントの問い合わせは、「元気フェスタ実行委員会」
TEL 0798-70-4487まで


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ライブや桜に酔いしれる。 [夙川ソーシャルカレッジ]

CA3F14060001.jpg
金曜の夜から日曜日にかけて、夙川は超満員。満開に近い桜に加え、好天気に恵まれた3日間、花見見物や桜の下で盛り上がる人で賑わいだ。

私も、土曜の夜、そして今日の午後、知り合いのミュージシャンたちのライブに桜見物がてら出かけてきた。

昨夜は、苦楽園のライブハウスで、ラテンシンガーでパーカッショニストの田中雅子さんのライブ。彼女は、先日の読売テレビで放映された「グッさんの、グッド地球便」で紹介され、ブラジルで活躍する話題の女性アーティスト。ラテンミュージックに酔いしれた。

今日は、毎年恒例の「夙川音楽街道」のライブ。さくらFMなどの中継も入り、金谷こうすけさんや桑名ハルコさんなど多数のミュージシャンが桜舞台を飾っていた。

楽しいライブ、桜満開の夙川を満喫した。

CA3F14040001.jpgCA3F14080001.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

花椿、妙艶な姿を披ろう。 [夙川ソーシャルカレッジ]

CA3F13380001.jpg
椿といえば、「花椿」「寒椿」が有名である。「花椿」といえば、春の花。「寒椿」は、冬を代表する花である。学名は「Camellia japonica」というらしい。原産はもちろん日本である。

西宮市の越木岩神社で、昨日と本日の2日間「椿まつり」が行われた。本日は奉納演芸が催され、知り合いがフラダンスや和太鼓演奏で椿まつりを盛り上げた。

メーンは「春椿」。拝殿に飾られた椿は、日本産から洋ものまで200種以上が展覧されていた。日ごろ見たことのないものばかりで、妙艶な姿にうっとり。わび、さびを感じさせる国産ものに大輪の洋ものまで、参拝者の目を楽しませていた。
CA3F13280001.jpgCA3F13300001.jpgCA3F13350001.jpgCA3F13390001.jpgCA3F13440001.jpgCA3F13510001.jpgCA3F13540001.jpgCA3F13450001.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | - 夙川ソーシャルカレッジ ブログトップ