So-net無料ブログ作成
検索選択
文化想造塾<しぜん> ブログトップ

こんな光景をみて、「人間としぜん」の関係を考えさせられる。 [文化想造塾<しぜん>]

いまこんな光景を見るのは少なくなった。
建物を建てる前に行う地鎮祭の祭壇である。家を建てる前には必ずこの儀式がされるのだろうか。
それとも、そういう慣習がなくなりつつあるから目につかないのだろうか。いずれにしてもよくわからない。
もし行われていたとしても、神を祀って工事の無事を祈る儀式となり安全祈願祭と呼ばれているようだ。

日本には古来から、人間はしぜんの一部として大地に住まわせてもらっているという考え方あった。
それが時の流れのなかで、この地球は人間中心の宝島のようになっているような気がする。
本来の地鎮祭は、その土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得るものが主なるものである。
久しぶりの祭壇をみて、そんな思いがこみ上げてきた。

地鎮祭1.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
文化想造塾<しぜん> ブログトップ