So-net無料ブログ作成

還暦越え同士で、親睦を深める。 [趣味]

庭木では定番中の定番「イヌツゲ」。垣根か、あるいは玉散らし仕立てに剪定することがほとんどである。
拙庭にも数本あるが、この写真の一本は玉散らしだらけだったので数年前に玉を一つ残しバッサリ枝ごと切った。

昨日、この一つを丁寧に剪定した。還暦を過ぎた木にもエネルギーが溢れている。言葉をかけると、"おまえもガンバレょ!"と励まされた。

B45EB79D-6421-4E41-AFC1-E66F7B537585.jpeg

nice!(0)  コメント(0) 

今年もスタート。 [趣味]

今日は、三連休の最終日。
恒例の植木屋さんをスタートさせた。
昨年も同じ日にスタートしていたようだ。
年内に終わらせようと、いつも11月の最初の休みが剪定の初日になっている。

ど素人ながら庭の木を剪定するようになって10年は超えた。見よう見まねの、下手な横好きが高じていまも続けている。

先日から立て続けに京都 無鄰菴を訪ねる理由に、庭の景色に魅了されたのも一つである。
無鄰菴の指定管理業者が、日本を代表する造園会社「植彌加藤造園株式会社」である。その会社の作庭である無鄰菴の庭を見ると、拙宅の小庭の剪定作業するに気持ちだけでもやる気をおこさせてくれる。

休みごとのど素人作業なんでなかなか上手く進まない。ただただ楽しみながら。

D58DE339-3B21-4701-9ACD-0B855B418CDB.jpeg

昨年の写真
243162D3-AA4A-4926-AABD-A9880A757FA2.jpeg

nice!(1)  コメント(0) 

大スター高倉健をつくった「佐々木小次郎役」。 [趣味]

高倉健といえば、網走番外地、任侠シリーズなどのヤクザ映画のイメージが、私の世代では印象が強い。
80年代からはブラックレインなど刑事役が健さんのイメージになった。そして90年代に入り、幸せの黄色いハンカチや鉄道員(ぽっぽや)など日本の男の寡黙さを全面にだし健さんらしさをつくりあげ、それに惹かれていった。
その高倉健が、銀幕のスター基盤を築いたのが、60年代初期の東映の大ヒット映画「宮本武蔵」である。中村錦之助(当時)の宮本武蔵に対し佐々木小次郎役は高倉健だった。はまり役だったことを記憶している。
高倉健が演じる役のほとんどが寡黙な役どころである。映画でつくりあげられた高倉健なのか、寡黙な高倉健がだからあのような役をつくりあげたのかは分からないが、昭和の日本映画史を築いた大スターには間違いない。
当時のポスター類を見ながら少し昔を懐かしんだ。
10573BB1-705C-41D0-A00A-9C11BFB65D82.jpeg
FB578456-EC6E-43C6-A2AB-115325733C65.jpeg
47A17854-824E-4F4B-AF9F-0CFA2614C501.jpeg
BD545F55-95F7-4E6F-BBB7-DB3155D60CFE.jpeg
nice!(0)  コメント(0) 

大スター高倉健をつくった「佐々木小次郎役」。 [趣味]

高倉健といえば、網走番外地、任侠シリーズなどのヤクザ映画のイメージが、私の世代では印象が強い。
80年代からはブラックレインなど刑事役が健さんのイメージになった。そして90年代に入り、幸せの黄色いハンカチや鉄道員(ぽっぽや)など日本の男の寡黙さを全面にだし健さんらしさをつくりあげ、それに惹かれていった。

その高倉健が、銀幕のスター基盤を築いたのが、60年代初期の東映の大ヒット映画「宮本武蔵」である。中村錦之助(当時)の宮本武蔵に対し佐々木小次郎役は高倉健だった。はまり役だったことを記憶している。

高倉健が演じる役のほとんどが寡黙な役どころである。映画でつくりあげられた高倉健なのか、寡黙な高倉健がだからあのような役をつくりあげたのかは分からないが、昭和の日本映画史を築いた大スターには間違いない。

当時のポスター類を見ながら少し昔を懐かしんだ。

10573BB1-705C-41D0-A00A-9C11BFB65D82.jpeg
FB578456-EC6E-43C6-A2AB-115325733C65.jpeg
47A17854-824E-4F4B-AF9F-0CFA2614C501.jpeg
BD545F55-95F7-4E6F-BBB7-DB3155D60CFE.jpeg

nice!(0)  コメント(0) 

重文 内田邸で名月観月会。 [趣味]

この好天では、今夜の名月がくっきりと眺められるだろう。


用事があって神戸市北区界隈をウロウロと走り回っていると、ある方からの情報で鈴蘭台西町にある、県指定の重要有形文化財である「内田家住宅」で中秋の名月観月会があるよ、とのことを聞き訪ねてみた。


わたしの時間の都合で夕方の短い時間内に、お月見のしつらえを見せていただいた。

まだ陽が沈んでいない時間帯だったが、この風流に、まん丸いお月さんを心の中でしっかり楽しませてもらった。


0F9E30D1-1D60-4BFD-AA4C-9BE5D040861E.jpeg
9888DB1B-7C83-4B19-8ABA-6D5A2C595477.jpeg
B971E439-A4BB-4128-B2F6-9928CF5BBB67.jpeg
F5B7B6B6-05C9-4407-8956-C92BD051B90C.jpeg

nice!(0)  コメント(0) 

磨かれた感性は、いくつになっても。 [趣味]

90歳の女性の方が作られたとは思えない可愛らしいお人形さん。

人形.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

天に昇る龍のごとし。 [趣味]

毎年、松の剪定が最後になる。やっと終わった。
年内ぎりぎりで片付いてよかった。ホッとしている。

松は「龍」を意味する。" 天に昇る龍のごとし" と言われ、祝の象徴でもある。
だからなのか、松葉が上に向くように剪定するのがセオリーと言われている。難しいと言えば難しい。剪定していると、こだわりたくなるのも松である。

日曜日ごとにちょこっとずつだから長いことかかった。でも、楽しかった。

松.JPG
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

木の上の赤ん坊。 [趣味]

この時季が来ると、恒例のお庭あそびをする。
今年も、木登佐助2014年「剪定」シリーズが始まった。

長いこと剪定していると、素人でもそれなり腕はあがるが、歳とともに身のこなしが鈍るのが分かる。
今日は松の剪定中に、小さな松ぼっくりの赤ん坊を見つけた。スマホカメラなので詳細までは分かりにくいのが残念であるが、肉眼で見ると可愛らしい。ちなみに大きいのも撮ったので参考までに載せた。

毎年、寄り添っていると木も生きていることを実感する。いたるところから芽をだし伸びている。
今年は、この芽は伸ばしてみようとそのまま残す。また来年、伸びた姿が楽しみになる。

松2.JPG松6.JPG松7.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

キレイなものは、キレイ。 [趣味]

仕事先の学校の東向いに神戸市立中央体育館がある。その正面玄関広場に、それはそれは華麗なバラが見事に咲いている。思わず、iphoneでシャッターを切った。美しさのあまり花に顔を寄せると、いい香りがしている。寄せ過ぎたのでトゲが牙をむいているかのように見えた。それでもキレイものは、キレイ。

体育館玄関のバラ.jpg
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

艶色の紫に魅せられて。 [趣味]

今朝、出かけに家の窓に蔦う花が満開に咲いていた。
むかしは「てっせん」と呼ばれていたが、いまは「クレマチス」と呼ばれているらしい。
花びらが艶色の紫、立ち止まってしまうほどの鮮やかさ。
私も魅せられて、iphoneで思わずカシャ!
" きれいだね ! " と声をかけてみた。

クレマチス.JPG
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート