So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

四天王寺と松。 [文化想造塾【逸品殿堂】]

先日、煎茶会で訪れた四天王寺の本坊玄関の衝立には見事な松の画が描かれていた。

そして待合いの大広間の中庭には黒松だろうか、あるいは五葉松だろうか、それはそれは見事な松があった。


煎茶席で使った茶室が「和松庵」という。松下幸之助氏が寄贈されたものと聞いた。""づくしである。

さらに座談会が行われた「方丈」の床の間には、歴史を想像させる中国松の壁画が描かれていた。


四天王寺はなぜこんなに松との関わりが深いのか、という疑問が湧いた。

歴史的建造物や庭園には、松は不可欠な定木である。松は天に昇る龍をイメージさせる縁起樹であるのはいうまでもない。


それにしても""へのこだわりが強いような気がしたので少し調べみた。

今回、見逃したのだが、極楽門と西重門の間に「鎧かけ松」という有名な松の木がある。この松は、源義経がここ四天王寺に一宿をとったときに、ちょうどよい高さの松を見つけ、自分の鎧をかけた、という伝説が伝わりこの名称になったようだ。


この伝説が、四天王寺の松づくしと深い関係があるのかも知れぬ。これは、私の勝手な想像に過ぎないが、源義経所縁の松となれば、松づくしになるのも不思議ではない。

松を見れば、天に昇る龍の如し、の気分になれるのなら嬉しい限りである。


2D28DBDF-E9B2-44B7-8D05-5B9394BE85DE.jpeg
074F0ADD-7CDD-4F08-BEEE-7D3EF58C2C2E.jpeg
F056B4E8-F4CB-419A-A3AB-3E6FCC41EF56.jpeg
60D414A6-F2F2-4D81-9719-DD82EAF35765.jpeg
C8F8269F-53BA-4F26-921D-5811E5DD77EB.jpeg


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。