So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
文化想造塾[曼荼羅絵図] ブログトップ
前の10件 | -

般若心経との出会い! [文化想造塾[曼荼羅絵図]]

【曼荼羅絵図】シリーズ1


僅か300字足らずの本文に大乗仏教の心髄が説かれている「般若心経」。仏教経典の中でも我われに多少馴染みがあるお経だ。お寺に参拝した後に写経をさせていただけるお寺がある。その写経のほとんどが般若心経である。

私が、般若心経に興味を持つようになったのは、学生時代に写経を体験したことがキッカケ。若かりしき頃から今に至っても気が向いたらお寺に出向いて写す。興味は年齢を重ねるごとに深まっていくから不思議だ。

写経もさることながら仏像や建築物、さらには日常とは異なる佇まいや空気などに触れることに心地良さを感じている。


それが講じ写経と写仏を組み合わせた絵図をライフワークに活動し続けている。FBでも何度か紹介している。

この秋からカルチャースクールで興味を寄せていただける方々と一緒に制作することになった。初心者向けのワークショップなので中学生以上ならどなたでも参加できる。

9月は体験会、本格的には10月から月1回ペースで開催。場所は甲子園と池田の2カ所。


ご興味のある方がおられたら、一緒に作りませんか。時間はかかりますが、目標は「曼荼羅」制作です。


[新月]?JEUGlAカルチャーセンターららぽーと甲子園

     体験会9月13日(木) 19:00?20:30

     通常 第2木曜日19:00?20:30(月1回)

     西宮市甲子園八番長1番100 ららぽーと甲子園      

     2F

[新月]?アゼリアカルチャーカレッジ

     体験会9月29日(土)13:30?15:00

     通常 第3土曜日13:30?15:00 (月1回)

     池田市天神1-9-3 池田市立カルチャープラザ

     内

*費用 体験会1500+500(材料費)

            通常2100+500(材料費)



537C98C4-47F7-44F6-9629-5D4E70F64B9B.jpeg
F9A0EF52-D050-4782-8B8C-68EF6B73F989.jpeg
F90095FC-F7BB-42F5-B70C-5256C594BDDD.jpeg

nice!(1)  コメント(0) 

紙に向きあう。 [文化想造塾[曼荼羅絵図]]

お遊びで始めて20年が経つ。

それがいまも気が向いたときに紙に向き合っている。

継続していると周りから声をかけていただく。

この秋からカルチャースクールで講座をもつことになった。楽しいことならみなさんと一緒にしたいと思って。

詳細が決まればまたお知らせします。


F783077A-95AD-46C9-9DE7-8C6642BBE5EA.jpeg
E1FDD857-3116-4D99-8407-8DC031912093.jpeg
60745613-3191-4C38-B173-D5C7879AF925.jpeg
1885EA3E-8465-48B5-92F8-8F4DEF83C8A3.jpeg
7917154A-E2AE-483C-9639-BB2332B67098.jpeg

nice!(0)  コメント(0) 

曼荼羅の世界に。 [文化想造塾[曼荼羅絵図]]

高野山の壇上伽藍の金堂には本尊の薬師如来像を挟み、胎蔵界曼荼羅と金剛界曼荼羅の二幅(にふく)一対の両部曼荼羅図が掛けられいる。

薄暗い金堂内でじっくり拝見させていただいたが、前日まで霊宝館で公開されていた「血曼荼羅」は、残念ながら見ることは叶わなかった。

血曼荼羅とは、胎蔵界曼荼羅の中心にある大日如来像の宝冠を、平清盛自身が自らの血を絵具の中に混ぜ描いたとされる曼荼羅のことである。

07D3EFC7-6571-4EE3-9E5E-195BFCA48712.jpeg
0442D7BF-6C7A-46F8-A7F4-D2B5CF7711D1.jpeg
nice!(0)  コメント(0) 

東寺の二つの顔。真言密教と真言宗。 [文化想造塾[曼荼羅絵図]]

東寺は、平安京鎮護のため嵯峨天皇が弘法大師 空海に下賜したお寺である。
その空海が唐から持ち帰った真言密教を、この東寺で開示した。

真言密教は「大日如来」が本尊。にもかかわらず、何故、東寺の本尊が「薬師如来」なのだろうか、と疑問をもつ。

修行場としての講堂には、真言密教の本尊である「大日如来像」を中心に、如来、菩薩、明王、天部の21体の仏像が安置され立体曼荼羅で悟りの世界を現している。
本堂である金堂には、東寺の本尊「薬師如来像」を中央に、右に日光菩薩、左に月光菩薩が鎮座している。

金堂と講堂では異なる仏像がある。少し違和感を覚えるが、それは、密教が日本で本格的に普及し始める前から「雑密」という形で薬師如来は人気があったようである。
当時、病気の苦しみから救ってくれる現世利益として多くの人の心の支えとなっていたようだ。いまのように医療の無い時代には、薬師如来の御利益は絶大なる希望の薬だった。
それに加え、空海自身も薬師如来を個人的に好んだと言われている。そのために、真言宗の本尊にしたのではという説がまことしやかに伝わっている。
ということで、ご存じのとおり、高野山 金剛峰寺の本尊が薬師如来である。

どの宗派に関わらず、時勢や、寺の目指す方向によってメーンキャラクターとして仏像を選択したということのようである。

写真は、写真集「東寺のみほとけ」と「pinterest」より転載
大日如来.JPG

薬師如来.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

悟りの世界を、「立体曼荼羅」でより分かりやすく。 [文化想造塾[曼荼羅絵図]]

一昨日、久々に上洛。以前から思いを馳せていたが、やっと実現した。
その場所は「東寺」さん。講堂にある「立体曼荼羅」を訪ねた。

ご存知のとおり、弘法大師 空海が仏(悟り)の世界を、より解りやすくするために表現したのが、この「立体曼荼羅」と言われている。
それを改めて鑑賞したく訪ねた。

東寺さんのあと、西本願寺に参拝。阿弥陀堂と御影堂にお参りし本堂内でしばし寛がせていただいた。

東寺1.jpg

東寺3.jpg

東寺7.jpg

東寺2.jpg

東寺5.jpg

東寺6.jpg

東寺や凪2.jpg

西本願寺1.jpg

西本願寺2.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

写仏、写経がいろんな形に変化する。 [文化想造塾[曼荼羅絵図]]

先週末に、泉佐野市立生涯学習センターで「写仏&写経」の講座をさせていただいた。
この講座は、写経の経験がある方たちに少しウケがいいようだ。初めての方には好奇心をくすぐり関心を寄せていただいている。

難しそうに見えるが、初めての方でもすぐできるのがウケている理由だ。それは写して書くだけの作業だからである。とはいっても、遊びごころがあれば、いかようにも面白さが増幅する。本来の写仏、写経の目的に加え独創性が発揮できる。半紙サイズの和紙を縦にも横にも使い、そして仏画をそれぞれの感性で大きくも小さくも。また、斜めにも自由自在に写すことができる。写したあとに色を入れていくと芸術性が高まる。

さらに、楽しいのは写仏と写経が一枚に仕上げられることだ。まず写仏した後に、仏画の顔部分以外の空間に「般若心経」の276文字を書き綴る。仏画の外枠に沿って書くと曼荼羅絵図に見えてくる。また、光背の中に埋め尽くすのも仏画とお経が連帯しより神秘性を帯びる。

「般若心経」を書いていく際に、書いた本人しか分からない「思慕」や「感謝」などの証を残すことを勧めている。それは亡くなっている近しい身内の名前だったり、感謝の意を表現出来なかった方たちの名前を般若心経の間に埋めていく。そして書いた日付もどこかに残しておくと記録になる。276文字が300文字になったとしても。

そして出来上がったものが、壁に貼付けられたり額に入るといろなんなものに変化していく。書いた方の大切な絵図として残していくのも楽しい。

写仏4.JPG
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

一升曼荼羅。 [文化想造塾[曼荼羅絵図]]

曼荼羅絵図の一升ができた。
さぁ〜、これからどうしょ!

曼荼羅2.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

"emotionally calm" 心のやすらぎ講座 [文化想造塾[曼荼羅絵図]]

「曼荼羅絵図"emotionally calm"」 今年も泉佐野市立学習センターからお声をかけていただき "心のやすらぎ講座" を行います。 チャレンジしてみたいとおっしゃる方は、ぜひ、同センターまでお問い合わせしてみてください。 泉佐野市学習センター 072-469-7120 E69BBCE88DBCE7BE853.jpg仏像.jpg十一面観音1.jpgCA3C04770001.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

「ひたらす描く」。曼荼羅の極意かも。 [文化想造塾[曼荼羅絵図]]

ワークショップフェスティバルの講座が無事に終わってホッとしている。
暑い中、多くの方達にご参加いただき、大変嬉しかったし、すごく感動をもらった。

「曼荼羅絵図」の制作といってもなかなか想像がつきにくいので、どうしたら楽しんでいただけるかなって常々苦慮する。我われの暮らしに馴染みがないし、日ごろ眼に触れるものでもない。

今回の講座は、シンプルな作業が約1時間続いた。チャレンジした、といったほうが当てはまるかも知れない。単純作業はしんどい。それもデスクに向かって1時間、辛抱かも知れない。
そして、描いたとしても目標が見えない、というのは辛い。ここまで進むとなにかがもらえるとか、感動があるとか。しかし、ただ描くだけ。ひたすら描くだけ。

曼荼羅を勉強している身として、宗教観とか宗教心というのがバックグランドにあって取り組むのと分かりやすいだろうが、宗教等の何の心得もない人間が勉強していくとなにがなんだか分からなくなる。それでも、続けていけるのは楽しい、面白いと思えるからなのだろう。

ともかく今回の講座では、参加されて方たちのひた向きさに感心した。
「ただ描くだけ」、「ひたすら描くだけ」。
これが曼荼羅の、文字や言葉からでは得られない極意かも知れない。

曼荼羅講座3.jpg曼荼羅講座2.jpg曼荼羅講座1.jpg





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

明日のIWF講座の一部と料を紹介。 [文化想造塾[曼荼羅絵図]]

明日がIWFのワークショップフェスティバルの最終日。朝一番が私の講座。
準備も程なく進んでいる中で、資料の一部を紹介させていただく。

講座では、干支別になっている守護梵字を少し紹介せていただくつもりである。そして干支別の守り本尊があるということも知ってて損はないかな、と。お寺などに行かれたときに仏像に出会うこともある。そのときにご自分の守り本尊を知っていれば、手を合わせる時間が長くなるような気もする。

もう一つ資料は、曼荼羅の中心部となる「中台八葉院(ちゅうだいはちよういん)」の蓮華の花弁八枚に納まる仏像と、その中心部の「大日如来像」の9つの仏像の下絵である。

時間と手間がかかると思うが、参加される方たちと楽しみたいと思っている。

梵字.jpg曼荼羅3.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | - 文化想造塾[曼荼羅絵図] ブログトップ